Category Archives: DBツール

ExcelDBTool使い方動画版


ExcelDBToolご利用ガイド

ExcelDBToolは主にExcelを使って本番擬似のテストデータを作成するソフトです。
作成したデータをそのままExcelからデータベースへ登録できます。また様々な
データベースからExcelへデータを出力する機能も用意しています。

1: データベースへログイン & テーブル定義取得
2: 複数シートの選択範囲に一括テストデータ作成
3: 選択されたシートのデータを登録
4: 全シートのデータをクリア(DB更新なし)
5: 現在のシートのデータを取得
6: 選択された複数シートのデータを取得
7: 選択された行のデータを削除
8: すべてのシートのデータを取得
9: WHERE条件でテーブルのデータを取得
10: シートのコメントにあるSQL条件でデータを取得
11: SQL実行し、複数のシートにデータを出力
12: SQL履歴取得

ガイド作成環境 : Windows8 + Office2013 + MySQL5.6
http://www.SuperDBTool.com

対応DB: Oracle, DB2, Syabase, SQLServer, MySQL, PostgreSQL, Sqlite

楽々データ作成 – MySQL 日本語DB接続、データ登録

MySQL ODBC 5.2をデフォルトの設定でインストールしたら、ANSIのODBCドライバを使うと様々なエラーが発生します。
ExcelDBToolから接続する場合も下記のエラーが発生します。
-2147467259 [MySQL][ODBC 5.2(a) Driver][mysqld-5.6.15]Incorrect string value xxx
for column ‘xxx’ at row 1

Mysql-Insert-0

 Mysql-Insert-1

この場合、こちらは以下のことを確認しました。
1、ODBC32bitが正しくインストールされましたか。(64bitではない)

Mysql-ODBC-0

2、接続文字列の中に下記の記述が入っていますか。
STMT=SET NAMES cp932;charset=cp932;

3、確認してから、テーブル名と列名が全部日本語でテーブルを作成して動作確認しました。
そうすると、DBに正常に登録できました。


Mysql-Insert-2


Mysql-Insert-3

楽々テストデータ作成 -6 ExcelからDB2へ接続

ここではExcelDBToolを使用して、MS ExcelからIBM DB2のデータベースにアクセスする方法を説明します。

1、事前準備
DB2へ接続するには、まずIBM data server clientsをインストールする必要があります。
下記のリンクへアクセスして、必要なバージョンをダウンロードできます(製品CDからもインストール可)。 

https://www-304.ibm.com/support/docview.wss?rs=4020&uid=swg27016878

注意:Windows7でインストールする場合、一部はエラーが発生します。
http://www-01.ibm.com/support/docview.wss?uid=jpn1J1007486
V9.5 GA / V9.7 GA 以降の DB2 クライアントは Windows 7 に対応しています。
V9.1はWindows7以前のOSにてしかインストールできないです。

IBM data server clientsのインストール詳細は別記事で紹介いたします。
http://superdbtool.blog.jp/archives/1587885.html

2、DB2へ接続
①、Excelシート上にて右クリックして、DBツール→データ取得→テーブルを選択…をクリックします。
DB2-Login-1

②、DB2へログインしていないため、ログイン画面が出てきます。
DBタイプにIBM DB2を選択して、接続タイプをIBM OLE DB Provider for DB2(TCPIP)を選択します。
LOCALの場合はSOCKETSを選択します。
プロバイダ、サーバ:ポート、データベース、ユーザ、パスワードを設定し、
接続文字列を確認します。その他のパラメータやオプションを設定する必要がある場合、
直接接続文字列に追加したり、接続文字列の内容を変更することもできます。
設定が終わったら、「ログイン」をクリックします。
DB2-Login-2-2
他のログイン設定例:
その1
DB2-Login-2

その2:ExcelDBToolの使い方(ODBC利用)
DB2-Login-2-1

③、次のテーブル選択画面が表示されます。データ取得対象テーブルを選択して、
表データ取得をクリックすると、データがExcelの各シートに出力されます。
DB2-Select-3
DB2-Select-4

④、出力したデータに対して、追加/入換したり、削除したりすることもできます。

Windows8.1 インストール時のWarning対応

ExcelDBTool/ExcelDevToolをWindows8.1でインストールする場合、以下のメッセージが表示されます。
「WindowsによってPCが保護されました。」(つまりこのクリックによって、Microsoftはすべての
責任を負いません。)
Mysql-Install-15-1

この場合、「詳細」のリンクをクリックしていただいて、実行してください。

Mysql-Install-15
「実行」を押してインストールします。

注意:
*Office2013でExcelDBToolをインストールする前にExcelDevToolのインストールが必要です。
ExcelDevToolを先にインストールしないと、DLLが登録できないエラーが発生してしまいます。
(ExcelDevToolを利用しない方はインストール後削除していただいてもOKです。)
エラー内容:
エラー 1904 モジュール C:\Program Files (x86)\ExcelDBTool\ExcelDBTool.dll の登録に失敗しました。HRESULT – 2147467259 サポートへ連絡してください。

英語版Windows7 64Bit + Office2013 32Bitでの文字化け対応

*Office2013でExcelDBToolをインストールする前にExcelDevToolのインストールが必要です。
ExcelDevToolを先にインストールしないと、DLLが登録できないエラーが発生してしまいます。
(ExcelDevToolを利用しない方はインストール後削除していただいてもOKです。)
エラー内容:
エラー 1904 モジュール C:\Program Files (x86)\ExcelDBTool\ExcelDBTool.dll の登録に失敗しました。HRESULT – 2147467259 サポートへ連絡してください。

英語版のOSでExcelDBTool/ExcelDevToolをインストールした場合、メニュー正しく表示できるが、
フォームなどで文字化けが発生してしまいます。この場合、下記のように、System LocalをJapanese(Japan)に変更すれば、
文字化け問題は解決できます。(OSの再起動が必要です。)
Env-Test-1

再起動後の動作確認:
ExcelDevTool
Env-Test-2
Env-Test-4

ExcelDBTool
Env-Test-3