Excelの作業効率アップ-3 CSV/SQL/XML/HTMLへ出力

Pocket

Excelで作成できたデータを一部選択してCSV/TSV/XML/HTML/SQL/固定長の形で出力するケースは少なくありません。

今回紹介するExcelDevToolの「データをCSV/SQL/XML/HTMLへ出力」機能は選択されたデータを様々なフォーマットに変換してくれる便利な機能です。







1. 出力対象データを選択し、Excelシート上にて右クリックして、「機能拡張」⇒「選択範囲」⇒「データをCSV/SQL/XML/HTMLへ出力」をクリックします。
 GenerateDataFile-1

2. 出力タイプ、区切りなどを指定し、「出力」をクリックします
GenerateDataFile-2

3. 出力タイプ、区切りなどを指定し、「出力」をクリックします。例:CSVファイルを選択した場合
GenerateDataFile-3

4. その他のオプションで生成したファイル例:
GenerateDataFile-4
GenerateDataFile-5
GenerateDataFile-6

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>